2021/08のまとめ

Summary

歯医者が来月でついに終わります。この喜びを何に例えましょう。思えば2年間の長い戦いでした。歯茎が腫れ、膿みがたまったのが始まりです。みなさん、歯は大切にしましょう。銀歯をしてあっても20年後くらいに中身が膿む可能性があります。気をつけましょう。どうやって気をつければいいのかは分からん。

8月は思い返してみるに、1〜7月と比較するとそれでも緩やかだった気がします。またほぼほぼ部屋から出ないので、夏を感じる機会もなかったんですけれど、少し子どもたちと花火をしたりしました。暑すぎて先月までと比較してこどもの国に全く行けなくなった子どもたちはひたすら庭で行水をしていました。

毎年言ってる気がするんですが、夏のことが嫌いです。暑いですからね。でも夏が持つ魅力みたいなものがあることも理解はできます。なんだろな、と考えたんですが、必ず「夏が終わる」ということを知っているからなんじゃなかろうか、などと考えるに至りました。

じゃあ秋が切ないのは失ってしまったからで、冬が寂しいのはなくしたことに慣れるからだ、などと考えてみたんですけれど、とにかく今は暑すぎると考えながら、ベランダで死んでたクマゼミを原っぱに返してあげたりしました。

そういや「10年後の8月」ということでZONEが復活したらしいですけど、確かにあのころは10年後なんて来世に等しいと思っていたなと懐かしいものがあります。過ぎてしまうと、一瞬だったなと思うので、こうやって夏を毎年重ねるんでしょうね。

夜は涼しくなってきたので幸せです。

Continue reading →

2021/07のまとめ

Summary

オリンピックが始まったんですね。弊社新卒研修の最後の言葉で「2000年、シドニーの柔道篠原選手の言葉『弱いから負けた』は常に自分の中に持つべき言葉だ」と紹介させていただいたんですが、オリンピックをほとんど見たことないです。ごめんね。というか、ほとんどスポーツを見たことないです。何ででしょう。

7月は公私ともに次につなぐためのことが多かった気がします。大きな仕事が一つ終わり、新たに三つくらい入ってきました。キャパシティの計算が合わない気がします。子どもたちもどんどん賢くなっていくので、「勉強」っぽいものに触れるようになってきました。

僕は「人生楽しんだモン勝ち」という考え方が好きではありません。僕はそんな人生ではないし、抜けの多い雑な考え方だと思うし、「涙とともにパンを食べた者でなければ、人生の本当の味はわからない」とどこかで思っているからかもしれません。ただ、「人生には楽しめるものがある」というようなものは知っておくのは重要だと思ってて、子どもたちにも伝えたいとは思っています。

なので毎日、「幼稚園がんばってね」と言わないようにしていて、「幼稚園いっぱい遊んできてね」という言葉をかけるようにしています。大人のスタンスというのは、そういうところから伝わると思うし、それが人生の軸になりがちな気がするからです。

そのためかそのためじゃないかは分からないですけど、娘は夏休みで幼稚園に行けないことがつまらないと言っていました。見込みある。運動神経はなさげだけど、なんか作れる子になれるかなーという感じ。

息子はアホです。

まぁそれらの生活が「次につなぐ」って感じはしています。オリンピックも無事に終わるといいし、コロナも即刻なくなるといいですね。生活が脅かされ続けるのは怖いです。

Continue reading →

2021/06のまとめ

総括

いつの間にか半分終わったんですね。2021年が。

どんな状況かと言うと、体の調子がいいです。朝の10分のヨガ、あるいはランニング、あるいはサイクリング、あるいは週末のたびにこどもの国を闊歩しているからかもしれませんが、腰、肩が痛くならない月は久しぶりだと思います。整体に行かなくてもいいかな。

6月は1、2、3、4、5月に比べれば穏やかな月だったかもしれません。仕事も5月までの準備を継承したものが多く、プライベートもランニングの開始など段階的な変化を加えた感じはします。なんか書いてて「しいたけ占いみたいな言葉選びだな」と思ったので、ちょうどいいので2021下半期のしいたけ占いを見ました。

7月は「クリエイティブ活動の始まり。」だそうです。大変そう……。

Continue reading →

四隅をつかみきれず夜空

愛し合おうと言いながら
それはゾンビみたいな歩き方だね
まるで見解の相違が滑稽だ

色々と取り返しがつかなくなって
挨拶の言葉も忘れてしまったけれど
もうそろそろ
飼い殺しにしたそれが
僕ではないと気づいてしまう頃合いだろう

いくつかは願いが叶ったと言ったら
君はきっと笑うから
その雑巾みたいな愚かさを
僕は懐かしく思う

さようなら夏がまた来るけれど
シーツに入道雲をこぼしてしまったような
あの夏を
僕はいつか許すことができなくなる

ただただプールに惜敗をひとすくい
月が映って草の匂いに追い立てられて
誰も何も言わなくなったあの場所に

いつか夢が尽きたら
まだそこに浮かんでいる気がする

そういう郷愁が僕らをつないで
いつも夜空を閉じることを考えている

2021/05のまとめ

こんばんわ。一ヶ月頑張ったらご褒美の意味も込めて整体に定期的に行くようになったんですが、整体師からすると定期的に来る客って嬉しいとは思うんですけど、治療みたいな観点から言うと、「整えられてねーわー俺ー」みたいな微妙な気持ちになっちゃったりしないのか不安でいます。

総括

果たしてゴールデンウィークがあったような……なかったような……。

最近の仕事で言うと、主に新卒研修のスケジュールやらコンテンツやらを組み立てていたわけですが、なにぶん正解がなかなか見えないことに目的立てて仮説を積み上げて筋道をつくっていくという、今まであんましやってないことにトライできて、頭蓋の中で脳みそがパン生地のごとくにグチャグチャにされている気がします。

プライベートでは土日の少し時間をうまく使えてない気がしてきました。続けようと思っていたロードバイクにたぶん5月は一回も行けていない気がしますし、スパイスカレーも作れていない気がします。まぁ義務でもないんで、いろんなことをぼちぼちやってくしかないのかなぁ。

全体的に先月危惧していたとおり、アンコントローラブルだった印象。

Continue reading →

2021/04のまとめ

こんにちは。納豆の有用性は認めるけれど、納豆が好きではないので毎日ナットウキナーゼのサプリを飲んでいます。正訓です。それでは4月の気づきや習慣などを。

総括

4月――てか、1、2、3月、いったいどこに消えましたか? 気がついたらいなくなっていました。しかも4月が終わり、初夏に入ろうとしていることに少なからず衝撃と焦燥を覚えています。「忙しい」と言ってしまえばもしかしたらそれまでなのかもしれませんが、そうじゃなくて生活が雑になってきていることに恐れおののいています。なので新しい年度が始まったわけですし、「脱雑」を目指して道半ばというところでしょうか。

Continue reading →

イマジナリーフレンド

 草原が広すぎて、心臓がさらされるような気になる。
 それなのに吹く風の中にカレーの香りが混ざっているのがグロテスクだった。草原のまんなかにケヤキがひとつ、この世で確かなものが一つはあることを証明するかのように立っていた。そしてその隣にはヘリコプターの羽が、まるで大きな怪物の墓標のように地面に突き刺さっていた。
 ケヤキの幹に触れている私の横には、女の子がしんみりと立ち尽くしていて――
 いつも彼女に気づくと同時に――
 爆風で彼女の体がボールのように吹き飛ぶ。

Continue reading →

Vtuberを探してた

アイキャッチはタイトルと無関係なパラクキーマカレー。

同僚と話しててどうやらVtuberという存在が勢いを得て久しいということだのに、何も見たことなかったので、お気に入りのVtuberを探すべくネットの世界へ旅に出ていました。そもそもYoutuber自体を見ないので、そこからさらに一歩進んだVの世界はまるで未知。なんだけど、あの見た目で動いて、もし声が可愛くて、日々更新されていくトークなどで日々を潤わせてくれれば神じゃない?

Continue reading →

整体ってなんか明確な身体の不具合がなければ行っちゃだめなところだと思ってたけど

整体が必要な体になってしまった。

もともとリラクゼーションなマッサージへ隔月くらいで行っていた。疲れを取るためというか、ご褒美感が強い。なんか今日仕事がんばっちゃったなーって週の終わりに行くような、そんな感じ。そんな感じだったから別にマッサージの質にはこだわらなかった。

Continue reading →