贋作と日時計

誰も何も分かってねぇ

蟻の触角に触れた日を思い出した
あの全能感に満ちた日を

ずっと人は下をむいて
誰も隣になんていてくれないのに
お前の言う綺麗事なんてまっぴらだ

モルモットは静かにゲージを揺らし
生きることを問わずにいた

君がそう
不服を抱えて沈むなら
なぜあの夏の日に
一緒にいてって言わなかったの

時間はいつも
朝に敗北するために来る

誰も何も分かってねぇ
分かったふりのうまいやつが
笑い方を組み立てていく