イマジナリーフレンド

 草原が広すぎて、心臓がさらされるような気になる。 それなのに吹く風の中にカレーの香りが混ざっているのがグロテスクだった。草原のまんなかにケヤキがひとつ、この世で確かなものが一つはあることを証明するかのように立っていた。 … 続きを読む イマジナリーフレンド