街灯に二匹

尽くしたかった言葉たちは、

ぽとぽとと道路に落ちて、

ひどく死んだ。

ずしんずしんと生き埋めにされて。

手のひらはプラスチック製で、

やけに長い間、許そうとはしなかった。

まるでそれが美徳かのように。

分かってくれることはない。

君と僕の体温が

同じくらいだって、

知っていた?

そう。

月は僕を蔑んでいて、

蛍光灯を落とすとき、

見計らったように僕を殺す。

だから僕は、明日も笑える。

気分はまるで引っ越し前日で、

ぜんぶ抱きしめたい気持ちと、

ぜんぶ殴り捨てたい気持ちで、

台無しの夜。