2021/09のまとめ

人の「適性」とは何か、を考えるシーンが多くなりました。

自分のこともそうですし、子どもたちのこともそうですし、立場上、仕事仲間のことも考えることが多くなりました。そういうことを考えれば考えるほど、思い出すのがB’zです。

僕はB’zでいうと「さまよえる蒼い弾丸」や「今夜月の見える丘に」が好きで、それをカラオケで歌いたいとずっと思っていました。「LOVE PHANTOM」とかも歌いたいです。そこで、歌えるようになるにはと考え、ボイトレに通っていた時期があります。

ですが、意気揚々とボイトレに臨んだ僕に課題曲としておすすめされたのは平井堅でした。平井堅もなかなかの高音でなかなかに難しい歌い方をしてますが、こう、B’zとは違うだろう、僕のやりたいロッケンロールじゃねぇだろう、と思いました。どうにも声質が合っていると考えられたようです。

そこで僕が学んだこととは「やりたいものと、合うものと、できるものは違う」ということです。ボイトレは引っ越しで行けなくなってしまったのもありますが、続けることができず、当然平井堅も歌えることなく、カラオケが多少うまくなっただけで終わりました。

「やりたいもの」は意思の域なので、人によっては本当に難しかったり、簡単だったりするでしょう。僕なんかはやりたいことがそこそこ出てくるので、「やりたいことがない」というよく聞く言葉は本当かな?とか思ってしまいます。

「合うもの」が僕の思う適性の域です。何が合っているかは分かりません。例えば平井さんを勧められた僕は声質が合っていたのかもしれませんし、ノリのタイミングが合っていたのかもしれません。他の例えで言えば、長距離走が合っている人はスタミナがつきやすいのかもしれませんし、コンビニのバイトが得意な人は夜型なのかもしれません。

「できるもの」は能力の域です。これは厳然とその時点で「できる」か「できないか」です。僕はあの時点で稲葉さんのように飛び出しちゃうことができませんでした。一流の寿司職人がプロ野球選手をなかなかできないでしょうし、5歳児に宇宙船開発はなかなかできないでしょう。

で、この3つがどのような関係になっているか?を考えてみてください。面倒なんで図は書かないすけど、三角形の頂点にこの「やりたいもの、合うもの、できるもの」があって、そのバランスで能力や特性が決まり、それら3つに長じているものがいわゆる「天才」なのだ、と安易に考えてしまいそうですが、そう思っていた時期が僕にもありました。

できたか、できなかったかは、ある時点の結果でしかありません。その時点とは人生が有限ゆえに、受験や就職やオリンピックや、あるいは今際の際なのかもしれませんが、今から僕がオリンピックで金を取る可能性も0%とは言えません。まぁ0ですけど。

「できない」から「できる」のタイムラインを歩んでいくとして、「やりたい」と「合う」が絡み合っているとすると、「やりたい」が継続するための燃料なのは分かりやすいと思います。継続性、あるいはかけられる時間そのものと言っていい気がします。やめろと言われても、やりたいと時間を投入してしまいますからね。

では、「合う=適性」とは何なのか?

漫然と時間ばかりを投入して、昨日と同じ時点を延々と繰り返しても、「できない」から「できる」を歩んでいくことはできません。それは行動不能になったルンバです。そこが階段だと気づいて、一歩一歩上がる行為、要するに学習効率、「気づきやすさ」が「合うもの」の正体なのではないか、と僕は考えるに至りました。

気づき「やすさ」としたは、基本、たぶんここに身体的特徴も含められるのです。僕がいきなりB’zを歌っても阻害要因が多く、歌唱というジャンルで気づけないものがいっぱいある、それよりは平井堅を選んだほうが気づきが早いだろう、というものです。「黒人はバネがちげぇ」みたいな極限の適性比較はまた違うレベルなんでしょうけど。

やる気が強く、時間をかけられればいつかはできるようになる、逆に気づく数を多くすることができれば、時間を短縮できるということです。このため今の僕が考える3つの関係性は下記です。

やりたいもの ✕ 合うもの = できるもの
継続性(時間) ✕ 学習効率(気づきやすさ) = 成功体験

つまり「適性」とは、物事にあたってどれくらい気づく素養があるか、学習効率が良いものか、なのではないか、と考えるに至りました。そこまで分解すると、今まで「天才的な勘」みたいなものでしか言えなかったものに再現性が与えられるのではないでしょうか。

継続は力であれど、効率も肝要。そんなことをうっすら考えたり考えなかったりして、自分の習慣を作ったり、子どもに「さっきのが良かったからできたんだね」などと話す日々です。あーあと「やりたいもの」は自己効力感が関係してるんだろーなーとは思うものの、それは別の話。

Habits

エクササイズ

朝のヨガはだいたい平日毎朝、ランニングは週に最低一度3キロぐらいを走っています。それにプラスして先月から始めた瞑想もだいたい平日毎朝しています。それぞれ効果は見られないけど(痩せてないし)、まぁまぁそれなりの健康は保たれてるんじゃないでしょうか。11/29までに5kg痩せようと思っていましたが、夢物語になりそうです。(まだ諦めてはいない)

ロードバイク

画像

一度しか行けていませんが、いつものとこに行っています。今回から登りのタイムだけ測っとこうと思いました。この時のタイムは53.46だったので、さしあたって行きのタイムを50分切るのが目標だと思います。あと、習慣全般的に言えることなのですが、Youtubeでロードバイクのチャンネルをフォローしたりして周辺知識のインプットをし始めました。

そういう意味では

こちらを拝見してほぼロードバイク関係ないですけど、tenki.jpのアプリ入れました。この動画の中で「天気を見てなにがいいかというと判断ができること」と語られているんですけど、本当にそのとおりで、夏休み子どもと外で遊びに行きたいときや、登山で行くべきか引くべきかの判断ができるようになりました。

エレキベース

毎日の基礎練は続けているものの進捗は特になし。

デッサン・イラスト

画集欲しくなってきたので買いました。

画像

やっぱ描きたいと思うジャンルで突出した人をと考えると山本二三さんになりました。帯の新海誠が僕に力をくれましたが、拝見すると、「これ絵? てか、これ想像なんて嘘だよね?」という状態になりました。

ちょっとずつ鉛筆で模写は続けていますが筆が遅すぎて進捗はありません。冒頭の継続性と学習効率でいうと、圧倒的に継続できていない状態だと思います。今のところ、娘と絵のうまさはどっこいどっこいです。

カレー作り

画像
割と成功したバターチキンカレー
画像
カレーと言うかそぼろになったキーマカレー

映画・テレビ・アニメ

↑見終わった。

↑見終わりそう

↑見てる。

いまさらなんでしょうけどストレンジャー・シングスの面白さは異常でした。1日で1シーズンを見終わったあと、2シーズンを見始めたらまた止められない自分を感じたので、強制的に保留中です。

↑見る予定。

ゲーム

アークナイツ

代替できる能力がなさそうな奴らの育成は結構完了し、メインストーリーは最終までクリア、レベルは110に達しました。あと10!今はガチャ&イベントの「遺塵の道を」が来ていますが、ガチャは10連のみで深追いせず、イベントも一通りクリアするだけにしようと思います。ケルシー&濁心スカジ待ち。

できてない習慣

  • 執筆&筆写

Changes

宝永山に登ってきました

画像

先月富士山にトライし、運悪く高山病で賢明なる撤退をしたので、今回はリベンジを兼ねて宝永山に登ってきました。ご存じですか宝永山。おらが村では100%の知名度を誇りますが、一歩外に出たらみんなが知らない山No.1です。

下は僕が撮ったお正月の富士山です。

見えますか。右側に小さい山がくっついているでしょう。それが宝永山です。富士山と同じ登り口から登って、途中で分岐して、登頂することができます。いま富士山は六合目からバリケードがはられているんですが、宝永山には行けるんですね。

雨で何も見えなかったものの、登頂は果たしました。

画像

マジック・ザ・ギャザリング Areanaを始めました

前々からやりたかったマジック・ザ・ギャザリングについに手を伸ばしました。Arenaやりたかったんですけど、MacでもPixel3aでも対応してなくて残念などと思っていたら去年ぐらいにはMacOSには対応していたようです。このためPCで遊び始めました。めちゃくちゃ面白い。

チュートリアル(カラーチャレンジ)は終わり、本当に基礎的なルールは頭に入りました。次はどれだけカードを知っていくかでしょうか。ひとまず白単デッキを作ってひたすら負け続けています。

Pixel5aに早く変えてスマホでも遊べるようになりたいです。

奇石博物館にめちゃくちゃ行ってます

画像

少し離れたところ、富士のふもとに奇石博物館という珍しい石を展示してある博物館がありまして、小さいころから僕はそこが大好きでした。その奇石博物館がいつの日ころからか「宝石わくわく広場」と称して、砂金採りのように、砂利の中から宝石というか、レアめの石を拾うイベントを開催しました。自分の最古の記憶だとそれは不定期だったような気がします。

しかし時は経ち、いつの間にかそのイベントは土日祝日常設となり、人が集まるようになりました。現在では専用のロッジの中で、じゃぶじゃぶと親子連れが小さな石をかけて場所取りをするイベントに成長していました。

それに家族がハマりました。

9月だけで3回行きまして、小さな石を追い求めています。その石の中に銀色のキューブが何種類か紛れてまして、Dが書かれているキューブを見つけると、上の画像のようにダイヤモンドがもらえます。一番レアいです。それを二回目にして見つけてしまいました。そのため3回目以降は強者の余裕をもって子どもたちにキューブを見つけるための手ほどきをしています。

この記事のアイキャッチ画像がその宝石拾いで集めた石たちです。隣にある奇石博物館自体も珍しい石がてんこ盛りで石好きは足を運ばれた方がいいと思います。博物館は今年で50周年だそうです。

歯医者卒業しました

買って良かったもの

画像

体重のロギングのために体重計を買いました。これで測るだけでスマホに記録されるようになりました。このレベルのやつは1万円くらい出さないと変えないんじゃないかと思っていたのですが、二千円台で買えると友人から聞き、さっそく買い付けました。

さらに体重計に乗る>専用アプリに記録>FitbitとGoogle Fitに連携>Twitterに投稿>IFTTTでSlackに投稿までが自動で行われるようになって恐ろしく手間が省けました。

Tries

  • いちいち行動に躊躇しない
  • このサイトの100PV達成

Gallery

画像
サファリパークにいる何らかのシカ
画像
子どもたちが初めて触った野生のカブトムシ
画像
ベランダで焼いた肉塊
画像
娘が初めて釣った魚
画像
年ぶりに行ったら立派な観光地になってた白糸の滝

2021の夏、じゃーね!