屑星

電車は光をこぼしながら
走っているようでした
誰もが僕を疎ましく思っていると
さっと暗く信じた夜のことでした

尊大に生きてみたくはありません
それなのになぜ
自分を大きく見せることばかり
求められるのでしょうか

未来はきっと綺麗なものだと
心のどこかで誰もが信じたくて
そうして生きているのなら

そうしてやっと
愛する人々が人らしく
生きているのだとしたら
未来だけが綺麗だと思うのは
間違いだったのかもしれません

電車は光をこぼしながら
走っているようでした

ある日ふいに帰る場所がなくなってしまって
どこで暮らしても同じだと思ってしまった時に
思い出す価値のある光だと思いました