2021年の振り返りと2022年への向き直り

あけましておめでとうございます。

お正月が終わりますね。明日から仕事です。よろしかったら自分専用新年特設サイトをご覧ください。これを作るのが今年初めてのタスクでした。1月中くらいでサイトは削除します。

ake-o.me のドメインを実は持っていて、結構ビッグワードだと思っているので捨てられず持て余しています。何かに利用するわけでもなく、新年にこうして適当なサイトを作って親族、友人に公開しているだけのドメインです。

この5日間の年末年始休暇は、3日くらいは徹夜して遊びました。あと残り数分で本を100冊くらい読み、家族と心ゆくまで遊び、ブレス オブ ザ ワイルドを始め、そしてクリアする予定でした。

さて、2021年の振り返りと、2022年に対して向き直ってみたいと思います。自問自答なんで長いっす。

2021年の振り返り

一年の総括

「ちゃんと知る」が2021年のスタンスでした。

思えば勘で過ごしてきたことが多すぎたことへの反省だったのですが、対人についてはその姿勢をきっちり通すことができた年になったと思っています。公私、さまざまな失敗ばかりなのですが、伝えることを諦めず、ある程度は伝わってくれたと思います。

ただ学習については全くと言っていいほど進捗できなかった年になったと思います。それぞれ必要な情報、知識が矢継ぎ早に増えた、というのは言い訳ですが、各タームでタイムアタックを常にしてしまい「ちゃんと」は知ることができませんでした。

さらに「無邪気に2021年やりたいこと」と挙げているものはあったのですが、この中でできたのは、「カレーをスパイスから作りたい」、「ベースで3曲以上は弾きたい」だけでしょうか。

概ね人生をコントロールする、とは全く逆の日々の奔流で、懸命にはやってみたけれど、非常に不格好な状態で過ごし、なんとか着地したという感覚は拭えません。

一方でコントロールしようとする気持ちから、ある程度の「良い習慣」を意識して動けたと思いますし、いくつかは習慣化(やらないと座りが悪い状態)までは持っていけたと思います。

このため「はーがんばったなー」という感覚はあるのですが、成果につなげられたか、自分にとって望ましい過ごし方だったかというとまだ至れてないという認識なので、2022年は「がむしゃら」と「余裕」、「淡々と」と「成果主義」といった、ある種、相反する観念を乗りこなさにゃーと思っています。

良かったこと

色々良かったことはあるのですが、生活が変わったなぁと思うことを中心に。

[やって良かった]友人たちとの朝活

「結局効率のいい時間のブロックを確保しなきゃ好転しなさそうだな」と考え、同僚が「友人と朝活を始めたらいいっすよ」と教えてくれたので、それやねん、と半ば以上無理やり友人を誘い、早起きを始めました。

友人と共有しているSlackのチャンネルに朝5時になるとリマインダーが動きます。

それとは別に「習慣を作るための動画」をいくつか選定し、そのURLを自分へリマインドするようにしました。

前半のURLで、上記のメッセージが届いたら瞑想を始め、終わったら後半のURLをクリックするとTwitterが立ち上がり、そのままツイートできるようになっています。そしてそのツイートが、友人と共有しているSlackに投稿されるようにIFTTTで設定しました。

習慣をこなしたことを表明することで、友人同士で刺激を受け合うような仕組みです。この方法で「朝ヨガ」、「瞑想」、「ベースの基礎練習」、「鉛筆模写」などの習慣が、それなりに身につきました。

もしかしたら2021年で最も人生の質を変えたのはこの朝活かもしれません。友人はギターやドラムをやったりやらなかったりのようです。

[やって良かった]娘の幼稚園

4月から娘が幼稚園に行き始めました。どうなるものかと親としてヒヤヒヤしていたのですが、存外、娘は幼稚園が好きらしく、逆に土日でも幼稚園に行きたがるという良い出だしを切れたかと思います。色んなイベントを開催してくれ、保育士の方々には頭が上がりません。

気をつけているのは、「幼稚園頑張ってきてね」と娘に言わないことで、「いっぱい遊んでくるんだよ」というようにしています。ただ「友達には優しくね」とは合わせていうようにしていて、いまのところ、身の回りのすべての物事に優しくすること、楽しむことを優先させています。

去年はコロナで2ヶ月くらい幼稚園に行けない時期がありました。今年はどうなるでしょうか。なまじ幼稚園を楽しみにしているので、マジで安全第一とは言え、なかなか心苦しい日々でした。

[やって良かった]ランニングをウォーキングに

2021年後半にですがランニングをウォーキングに変えました。ランニングはランニングでいいんでしょうけれど、自分にとっては「行くぞ」という意気込みから入る必要があってハードルの高いものでした。

それに対してもともと歩くのが好きなので、ランニングをウォーキングに変え、長い時間歩くようにしました。これによってハードルが低くなり、一日一万歩ほど歩く日も出てきました。

リモートワークなので昼休みにも時間があれば適当に歩くようになったこと、歩いている間に考え事ができるようになったこと、Audibleなどを聞けるようになったこと、そして若干痩せたことなど、メリットがたくさんありました。

[やって良かった]月イチの振り返り記事

2021/11のまとめとかです。一ヶ月で生活を振り返るようにしました。フォーマットも実は少しずつマイナーチェンジをしていて、記入に時間がかからないように考えていったりしています。雑に過ごしてしまいがちな日常の中で、一ヶ月単位で多少振り返り効果があるようです。

[やって良かった]鉛筆でのイラスト模写

画像
模写の一枚

「自分は絵が下手」という前提というかキャラクター付けをする必要はないなということで、絵というかイラストの練習を始めました。これもまぁ上手くなっても上手くならなくてもいいというテンションで続けていますが、強いて言えば上手くなりたいと思います。

知らない人多いかもしれませんので、新年から言っておきますが、女の子の模写はめちゃくちゃ楽しいです。めちゃくちゃテンションアガる。ただ、確かに、確かに楽しいのですが、自分の描きたいものは人も含めた風景画のようなので、まぁボチボチ続けます。

これも後述する通り、Youtubeで勉強になるチャンネルを見始めました。

[やって良かった]マジック・ザ・ギャザリング Areana

以前からやってみたいと思っていたマジック・ザ・ギャザリングのARENAがMacに対応していた、ということを知って夏くらいからやり始めました。一度ミシック(ランキングの最高ランク)に達したものの、そこから落ち始め、いまはプラチナに残留するばかりとなっています。

ミシックに行けたのは人のデッキをそのまま使ったからですが、現在は自分が考えたデッキを磨いていてランキング上がれなくなっているので納得感があります。自分のデッキでちゃんとミシックに上がれるようになりたいです。

いまは白単しか使っておらず、また自分の性格とも合っていると思うので、しばらくこのスタイルを継続したいと思います。

MTGのウェルカムデッキ

あとそう言えば友人にウェルカムデッキを2つもらって、リアルでも一度対戦しました。リアルにはリアルの良さがあり、また実体を持っているカードはやはり所有欲を掻き立てられます。ブラックロータスが欲しいです。

[やって良かった]スパイスカレー

画像
やっとカレーの味になった

年始から始めたスパイスカレー作りは、味からしてだいたい失敗と少しだけの成功を収めました。料理の楽しさと、プラモデルを作るような楽しさがスパイスカレーにはあると思います。あと作ったのを実家におすそ分けしているので、そういうつながりが生まれるのもいいなぁと思っています。

[やって良かった]ベランダでミニバーベキュー

画像
わざわざ狭い場所で始めるバーベキュー

牡蠣を焼いて食べたいという欲求から始まったベランダでのキャンピング(ベンランピングというらしいです)が、自分の部屋からつながるルーフバルコニーでスタートしました。まぁ食べるまでが面倒ですよね。

ただ雰囲気を味わえることと、子どもたちと一緒に楽しむことができるので、いまも一ヶ月に一度程度、昼に開催しています。もっとアイテムを増やしたら、本物のキャンピングに行きたいなぁ。

そう言えば牡蠣なぞ一回も焼いていない。

[やって良かった]ログ用Twitterアカウント

上記の習慣をツイートしているアカウントですが、あまりにログ的要素が強いので、他のアカウントを作って、そっちに投稿するようにしました。習慣の投稿や、読んだ記事、読んだ本、見たアニメ、Fitbitのログなどが投稿されるようになっています。

感情が入っていない簡易的なライフログとして利用しているので、何かを振り返ろうとするときや、何かと連携しようとしたとき、片っ端から情報入れてタイムラインで眺めることができるので割と便利です。


ここから先は買って良かったものシリーズ。
今年はアフィリエイトやろうと気持ちを新たにしました。


[買って良かった]近隣のテーマパークの年パス

2歳、4歳の子供を持っている親たちは土日は何をしているものなのでしょうか。僕らは公園に行く、買い物に行く、が基本的なルーチンなのですが、それにプラスして割と近隣のテーマパークにも行くようになりました。このため富士山こどもの国と、伊豆・三津シーパラダイスの年パスを取得しました。

「元を取る」という考え方で言うと、テーマパークの年パスって圧倒的にお買い得ですね。一ヶ月で元は取れます。土日行く場所に困ることがなくなります。確か富士山こどもの国は静岡県民だとさらに安く購入できます。

[買って良かった]Fitbit Charge4

Fitbit Charge4

「GPSが入ったら買おう」と思っていたFitbitにGPSが入りました。買いました。ランニング、ウォーキングは自動記録、ロードバイクやヨガなどのアクティビティについても記録ができるため、いまの生活にバチコーンとマッチして、2021年買って良かったものNo.1だと思います。

7日程度は充電しなくてもよい(これが一番大きい)、スペック上、水深50mだったか潜ってもへっちゃらっていう「ホントかな」と思ってしまうくらいの耐水性能を持ち、自動で睡眠時間を記録などもしてくれます。タイマーも仮眠のときとかに使えます。おまけに時間も分かる。

あと地味ながら、もしかしたら最も助かっているのが、スマホを常にマナーモードにしていても、Fitbitが震えてLINEや電話に気づかせてくれることです。他のスマートウォッチでも当然機能は満たせるんでしょうけど。

いまは後継機が出ているはず。現在のもので満足はしているので、まだ買わないけど。不満は外が明るいと文字盤が見にくいことでしょうか。あと日焼け跡が残る。

[買って良かった]自動でロギングしてくれる体重計

体重計 INSMART

8千円くらい出さないと計って、自動記録して各種連携してくれるような体重計は手に入らないだろうと思っていた(実際知名度があるものはそれくらいする)んですが、友人教えてもらって見てみたところ、いまって3千円くらいで手に入るんですね。即買いしました。

さすがにWi-Fiにはつながってないので、スマホでアプリ起動>体重計に乗る、が必要ですがそれでも計る、記録する、が大幅に簡略化されました。さらにアプリ間連携もできて、体重計に乗るとFitbitへのアプリへも体重を記録してくれるようになりました。そこからさらに前述のログ用Twitterアカウントや、友人とのSlackへ連携されるようになっています。

幸せ。

でも痩せてはいない。

[買って良かった]PowerCore Fusion 10000&Nano II 65W

Anker PowerCore Fusion 10000

Anker Nano II 65W

寝ながら近くにコンセントがなく、スマホの充電ができない日々だったので、Ankerの充電器を買いました。ケーブルとか不要でコンセントに差しておくだけで充電ができるので、このタイプに。

ただ、それが結構大きくて持ち歩くのにちょっと不便でした。持ち歩くのは主に会社でMacの電源ケーブル込みで持ち歩く必要があったためですが、それならばそのMacの電源ケーブルの方を小さくしようと思い、Anker Nanoの65Wの方も買いました。本当に小さくて満足しています。

ただ、Anker Nano 65Wは使っているとかなり熱くなります。まぁまぁ不安ではある。

[買って良かった]リステリン&電動歯ブラシドルツ

リステリン トータルケア歯周クリア

ドルツ 白 EW-DA45-W

そもそも歯医者行かなくても良くなったというのが生活を変えたこととして大きいのですが、それに付随してオーラルケアの生活も変えようと思い立ち、歯磨きのアイテムを更新しました。

今まで特に深く考えてなかったので100円くらいの歯ブラシと家族が買ってきてくれた歯磨き粉を使っていたのですが、ついに電動歯ブラシデビュー&リステリンの全盛りみたいなマウスウォッシュに変えました。

充電が結構すぐ切れるのかなぁと思っていたんですが、2週間以上はもっている気がします。最初こそくすぐったかったものの、手では取れていない歯垢が取れている気がします。正直、その気がするだけで、もしかしたら丁寧に洗えば手でも同じことできると思うんですが、なぞるだけで洗えるので歯磨きが楽になりました。

[買って良かった]BetterTouchTool

主に仕事で使ってますが、BetterTouchToolを購入しました。アプリをキーボードのショートカットで起動する、音楽を停止、再生できる、みたいなのは当たり前の使い方ですが、結構大きなメリットだなぁと思っているのがBTT内でシェルスクリプトが実行できることでした。

これによってシェルスクリプトで値を作り込んでクリップボードにコピー、GUI上のテキストボックスに入力し、みたいなことができました。これは時短につながるのでマジおすすめ。

[買って良かった]Youtube Premium

上の方でも書いたのですが、さまざまなシーンでYoutubeを利用するようになりました。調べごとや、スキルの習得や、単なる暇つぶしまでです。そうなると広告を見ている時間が看過できなくなりました。このため迷ったのですがYoutube Premium、しかも家族でもYoutubeを見る機会が増えているのでファミリープランを契約しました。

これにより広告から抜け出すことができ、何をするにも恐ろしく快適になりました。ただ高い。そこそこ高い。ファミリープランだと1700円ちょいしますね。

悪かったこと

GTDを正常に回せていない

公私ともタスクが溢れました。去年はタスクをうまく取り扱えていた気がしません。それも慣れだと言っちゃえばそうなんでしょうけど、GTDなのにタスクに感情を入れすぎている気がします。生産性にムラがあり、見積もりなんか役に立ちませんでした。

インプットが足りていない

インプットというか、必要な情報が足りない、それが何なのか選び取れていないシーンが多かったです。仕事はアウトプットで成果を出すものだと思っているのですが、いかんせん付け焼き刃を振り回して何とか戦っていた気がします。

ただ付け焼き刃だろうとカオスだろうと、やらなきゃならんときはやらなきゃならんので、あんまりそれが悪いことだとも思っていませんが、日頃から刃を研ぐことはできたのに、それをやろうとしないのは怠惰だったわな、というのが自分のなかでは目立ちました。

体重が減らず、健康維持ができていない

何ならもうこれが一番重要度高いかもしれませんね。ウォーキングを始めて、体重は下げトレンドには入っています。入ってはいるんですが、75kgを数年間目指している気がします。

2022年の向き直り

2023年はじめには到達したいところ

まず今年40歳で、世間的には前厄と呼ばれる年にあたるみたいですし、健康上の懸念は払拭しておくべきでしょう。具体的には11月付近の健康診断で高スコアを叩き出し、「40歳になったけど30代の方が不健康だったナー」と言っているようにしたいです。

あとは本を読むということを、もう一度習慣化しておきたいと思います。Booklogで読書記録をつけているのですが漫画ばかり。2023年には「漫画以外も結構読んだな」という状態にはしたいと思います。

また仕事では、おそらく新しい自分の価値を提供しなければならず、エンジニアリングだけではなく、マネジメントとカスタマーサクセスについてはさらに知識と実践を深めていかないと非常にマズい。

これは知識を溜める、フィードバックを受けやすい環境を作る、等、色々考えたのですが、シンプルに仕事の速度を上げられている状態が望ましい気がしました。それでTry&Error繰り返すのが良さそう。

精神性のところで言うと、常に謙虚でいたいと思います。人とは、慣れた日常、慣れた場所、慣れた人間関係、慣れた人生だと年々硬直性が増すものです。新しい事物に触れ、認め、常に謙虚に、卑屈にならないようにしたいものです。

そんなところかな。

2022年のスタンス

「勇む」

で、いきたいと思います。思えば2021年は色んなことに迷っていました。「頭よさそうなのはどっちかな」「自分らしいのはどっちかな」「体にいいのはどっちかな」「うまくいきそうなのはどっちかな」 「嫌われないのどっちかな」とか。それらは本当に大切だと思うんですが、あまりに時間と精神を使い、そして慎重になりすぎた気がします。

22時には寝なきゃ次の日生産性悪くなるぞとか、ちゃんと計画を立ってから動かないとうまくいかないぞ、とか、興味とか好奇心を抑え込んでまで、枠を作ってた気がします。それは本当に大切。大切なんだけど。年相応ってあるんで、それは本当に大切。大切なんだけど。

大切なんだけど、欲張った上でちゃんとやろう、今までも頑張ってきたし、今ならきっとできるよ、とよくよく考えて、何だかできるような気がしてきました。上の方で書きましたけど、これが「がむしゃら」と「余裕」、「淡々と」と「成果主義」を両立させる僕なりの姿勢です。

やってこ。

2022年の方針

  • 体重を75kgにして健康診断を受け、安心できたらブーツを買う。
  • 公私関係なく関わる分野で100人程度の前で話す、書く機会、妥当な知識、経験を継続的に得る。
  • 「全部に優しく」と子どもたちに言い聞かせているので、全部に優しくする。

まとめると

昨年中は大変お世話になりました。

フィードバックは常にいつでも誰からでも真摯に受け取りたいと思っています。「それは正しくないよ」「それは正訓らしくないよ」「そこはこうすべきだよ」「こうすればもっとうまくなるよ」って今年も色々あると思うんですけど、お手数ですが忌憚ないご意見をください。

本年もよろしくお願いいたします。

うし!

がんばろ!