整体ってなんか明確な身体の不具合がなければ行っちゃだめなところだと思ってたけど

整体が必要な体になってしまった。

もともとリラクゼーションなマッサージへ隔月くらいで行っていた。疲れを取るためというか、ご褒美感が強い。なんか今日仕事がんばっちゃったなーって週の終わりに行くような、そんな感じ。そんな感じだったから別にマッサージの質にはこだわらなかった。

Continue reading →

キーマカレーを作ったりドラえもんをみたりしている

心底どーでもいいことなんですけど、僕のなかで「君の名は」は「君の名は。」と書くことにこだわりを持っていて、自分のアカウントをさかのぼれるだけさかのぼってみたら確実に「君の名は。」って書いててちょっとひいた。

同僚に薦められた「のんのんびより」(たぶんシーズン1を見てる)「作画がー」と言うほど全然造詣は深くないのだけれど、この田舎の自然の風景を丁寧に描くのは本当に骨が折れるんじゃなかろうか。よく分からんけど。自然がきれい。

Continue reading →

三賀日最終日は凧をあげた

およそ才能というギフトに乏しい僕なのですけれど、ファーストタッチの段階で「できるかも」と思えたものが2つあって、一つはスケート、もう一つは凧あげなんです。

Continue reading →

無邪気に2021年やりたいこと

2021年シリーズ、今年やりたいこと。やらなきゃならないことではなく、やりたいことを無邪気に書きます。真面目なことは昨日書いたので、仕事の話もほぼ抜きにして今日は割とどーでもいいこと。

Continue reading →

2021年の姿勢は「ちゃんと知る」

あけましておめでとうございます。

アイキャッチはこの一年で娘が描けるようになった「お父さん」です。すごい。去年と比べると圧倒的に成長していて天才。そっくりなんです。顔長いところとか。頭足人って本当に描かれるんですね。

Continue reading →

背中

僕が尊敬している人は
いつも夏の中にいる
強い光の中に

どこかで誰かが飽きるまで
スペースシャトルを飛ばそうと
汗とか涙とかを流しているんだ

食べ過ぎた夏は僕を飲み込む前に
もう諦めたような顔をする

階段の上の幽霊や
夜空のUFOを奪っておいて
僕に後悔を強制しようとする

草が伸びていくことを僕は成長だと思い
枯れることをを必然だと蔑んでいるのかもしれない
他人をそうやって見ていることを
僕は苦しむべきなのかもしれない

ここの窓はいつも僕と世界を魂だけでつなげる
ここからでは何も動かすことができないと
思い知らせようとする

とにかく光は強く
強い光の中で

僕だって日々の数だけ
失ったことにも気づいているさ

丁寧に愛するということ、あるいは体験入園に行ってきたこと。

娘が3歳になったので幼稚園の下見というか、体験入園に行ってきました。最近自分の名前を大きな声で言えるようになったマイ・ラブなんですけれど、「大きな声でお名前言って」を強調して教え込んだせいで、「ごめんね」っていうと「もっと大きな声で!」と返してくるようになってしまいました。ラブリーです。

で、どこに行ってきたかというと僕の母校である幼稚園です。

Continue reading →

ハラスメントハラスメント(ハラハラ)にときどきハラハラする。

LINE Pay登録したんですよね。

うん、初めて。ちょっと送金する必要があって登録したんですけれど、こういうのに登録したことなかったんですよ。アレ法律的にはどういう感じになってるんでしょうね? 手数料とかなくて送金できるわけ? 凄いなー。あ、もう当たり前の時代ですか? そうですかー。

Continue reading →